【2024最新】インターンシップ履歴書/ESの写真|おすすめの撮影方法や男女別の撮影のコツをご紹介!

こんにちは。
サマイン編集部です!
あなたは、
「インターンシップについて知りたい」
「インターンシップの基本知識が知りたい
「種類や探し方まで全部まとめて教えてほしい」
と思っていませんか?

インターンシップで絶対知っておきたい基本知識を全部まとめたよー。

今回はインターンシップについての基本が知りたいと思っている人のために、
「インターンシップとは」
「インターンシップの種類や探し方」
「インターンシップの人気ランキング」
などについてまとめました。

インターンシップの基本について全てまとめたので、この記事を読むことでインターンシップについて基本知識から自分に合う企業の探し方まで全てわかるようになるはず!それではさっそく目次からどうぞ

加藤なつ/ 就活がんばった人
関西の大学に通う大学4年生。就活を終え自身の経験を後輩に伝えるため記事のガイドを担当。

 インターン履歴書/ESの写真とは

インターン選考における、履歴書/ESの写真とは、応募書類に添付する顔写真のこと。最近ではWEBエントリーが主流になっているので、データでの提出が一般的ですが、中には紙の書類に写真を添付して提出しなければならない企業もあります。

たかが写真ですが、履歴書やESの写真はあなたの印象を最初に決める、とても重要なもの。きちんとポイントを理解して、ぜひいい写真を撮ってくださいね。それでは、まずは写真について基本的な知識からご紹介していきましょう。

【基本①】インターン履歴書/ES写真のサイズ

履歴書/ESに添付する写真のサイズは「560×420px」もしくは「600×450px」など「4:3のサイズ」が一般的。ただし、エントリーシートは企業がそれぞれ独自で作成しているので、このサイズ以外を指定されることも。サイズが合わずに撮り直しになると手間なので、気になる企業の応募書類の写真サイズに指定があるか、撮影前に確認するようにしておきましょう。

【基本②】インターン履歴書/ES写真のデータ

履歴書やESに添付する写真は必ずデータ化する、と覚えておいてください。というのも、最近はWEBでのエントリーが一般的で、ほとんどの企業はデータ提出となるから。もしプリントアウトした写真しか手元になければ、また一からデータを取得することになり、めちゃくちゃ面倒なことに・・・。必ずデータ化しておいて、どちらにも対応できるようにしてくださいね。

【基本③】インターン履歴書/ES写真のポイント

写真を撮る際に気を付けておきたいポイントについてご紹介します。まず、当たり前ですが「常識的に考えて失礼」な状態でないか、チェックしてください。たとえば「写真が枠からはみ出てる」とか「背景が明らかに自宅の壁」とか。それらはもちろんNGですが、意外とやってしまう人も多いので注意しましょう。

撮影時に整えておきたい身なりのポイントを、男女別にまとめました。男女でそれぞれチェックポイントは異なるので、確認しておいてくださいね☟

男子ポイント 女子ポイント

①男子の服装

②男子の髪型

③男子のひげ

④男子の眉毛

男子ポイントの詳細

①女子の服装

②女子の髪型

③女子の髪色

④女子のメイク

女子ポイントの詳細

当たり前で基本的なことばかりだからこそ、これができていないと人事の印象は最悪に・・・。自分だけは大丈夫と思わず、ちゃんとできているか念のためチェックするよう心がけましょう。

インターンES/履歴書の写真 男子ポイント

それでは男子の写真撮影時のポイントからご紹介します。男子の写真は何と言っても「清潔感」が最大のポイント。特に気を付けてほしいのはこちらの4つ☟

意外と細かいところはできていない人も多いので、自分は大丈夫か、必ず全てチェックするようにしてください。それでは順番にご紹介しますね。

【男子①】インターン履歴書/ES写真の服装

※服装(男子)から引用(基本はスーツ)

エントリーシートのでの男子スーツは「黒色の無地」の一択。なので、入学式で着たスーツをそのまま使っても全く問題ありません。ただし、入学時から体型が大きく変わってしまった人は、いまの身体のサイズに合った就活用のリクルートスーツを買うように。

黒色でサイズが合っていれば入学式や成人式で着たスーツでも大丈夫。

そんな男子のスーツについて併せて確認しておきたいものをご紹介します。具体的にはこの6つ

▸インターンシップ 服装(男子)

【男子②】インターン履歴書/ES写真の髪型

※髪型から引用

【男子③】インターン履歴書/ES写真のひげ

履歴書やESの写真でひげなんか絶対NG。単純に清潔感がないし、剃っていないと「不真面目/常識が無い」という印象に。たとえ、どれだけ綺麗に整えていたとしてもプラスの評価になることはありません。ひげの濃い人は朝剃ったとしても写真を撮る時にうっすら生えている可能性もあるので要注意。必ず撮影の直前にひげの状態をチェックするようにしてくださいね。

【男子④】インターン履歴書/ES写真の眉

眉毛も整えてから撮影するのが絶対おすすめ。手入れされてた方が絶対清潔感もあるし、顔立ちがはっきりして好印象です。基本的には理髪店/美容院でやってくれるので、いつも髪を切ってくれているお店で眉毛も整えてもらうようにしてください。もしカットをするタイミングでなければ、眉毛サロンという選択肢もあるのでそちらを利用しましょう。

インターン履歴書/ESの写真 女子ポイント

続いて女子が写真撮影する際に気を付けてほしいポイントについてご紹介します。女子のポイントは「ナチュラルさ」です。強い個性は出さずに、ナチュラルな印象になっているか確認しましょう。具体的に押さえてほしいポイントを4つにまとめました☟

特に髪色やメイクは派手すぎるとマイナスの印象になりがちなので、注意しましょう。それぞれのポイントを詳しくご紹介していきますね。

【女子①】インターン履歴書/ES写真の服装

※服装(女子)から引用(基本はスーツ)
▸インターンシップ 服装(女子)

【女子②】インターン履歴書/ES写真の髪型

▸この5つです☟
※画像
▸髪型から引用して調整
※髪型から引用

【女子③】インターン履歴書/ES写真の髪色

▸この5つです☟
※画像
▸髪色から引用して調整
※髪色から引用

【女子④】インターン履歴書/ES写真のメイク

普段のメイクはどうあれ、応募書類の写真を撮る際は「ナチュラルメイク」を意識しましょう。ベースメイク/アイライン/眉/リップ/チークなど、なるべく派手な色味は抑えて、自然で柔らかな印象になるように。パーソナルカラー診断を受けて、自分の肌に合った色味を使えると、よりいいですね。

とはいえ、なかなか自分でやるのは難しいと感じる人も多いと思います。そんな人は写真スタジオでヘアセットやメイクもまとめてお願いするのがおすすめ。プロがあなたに合ったメイクをしてくれるし、就活でも使えるメイクの方法もきっと教えてくれますよ。

インターン履歴書/ESの写真 撮る方法

撮影方法はアプリの自撮りや街中の証明写真機みたいな手軽な方法から、プロに撮影してもらう方法までいろいろ。それぞれの特徴を説明していくので、ぜひ証明写真を撮るときの参考にしてくださいね。

【写真①】アプリで自撮り

まずは、「美肌証明写真」や「履歴書カメラ」といった証明写真に特化したカメラアプリを使って撮る方法。自宅で撮れるので圧倒的に手軽ですし、何より無料なのが嬉しい特徴です。とはいえ、写真のクオリティはどうしても他の方法に劣るので「今すぐ証明写真が必要」な場合はアリですが、そうでないなら他の方法で撮影するのをおすすめします。

【写真②】証明写真機で撮影

次に駅やコンビニの前においてある証明写真機で撮影する方法をご紹介します。証明写真機は、1000円前後の値段でそこそこのクオリティの写真が撮れることが特徴。バイトの履歴書なら十分なクオリティですが、インターンのエントリーシートに使うなら、プロに撮影してもらうほうがおすすめです。

証明写真機でも良い気はするけど実際に見比べると結構違うんだって。

ちなみに、証明写真機によっては印刷のみで、オンラインでダウンロードできないものもあるので要注意。使おうとしている写真機がデータ対応しているか、使用前に確認するのを忘れないようにしてくださいね。

【写真③】合同説明会で撮影

規模が大きい合同説明会なら、撮影ブースが設置されている場合もあって、そこで撮影することも可能です。無料で撮影してもらえるし、レンタルスーツの貸し出しをしていることが多いので、私服参加であっても撮影できます。ただし、大体混雑しており30分くらいは待つ必要があるので要注意

せっかく合同説明会に参加しているのに、撮影にそんな時間を使うのは勿体ない・・・。それならひとつでも多くの企業の説明を聞いたほうがいいので、興味ある企業を回り切って、それでも時間が余ったら撮影も検討する、くらいに考えておきましょう。

【写真④】専門スタジオ撮影

最後に専門スタジオで撮影する方法。専門スタジオは「圧倒的なクオリティ」が特徴。他の撮影方法に比べて費用は掛かりますが、ヘアセットやメイク、表情や姿勢の指導をしてもらえるし、写真の加工もしてもらえるのでクオリティの高い写真に仕上がります

クオリティも高いしデータで貰えば使い回せるからおすすめだよー。

ちなみに、Summerinternsとしておすすめしたいのも、専門写真スタジオでの撮影。スタジオ撮影の写真が並ぶ中、アプリや証明写真機の写真だとどうしても印象が少し下がってしまうので、可能な限りスタジオでの撮影をおすすめします。
 

インターンエントリーシートの写真スタジオ

ESに使うWEB写真を「専門の写真スタジオで撮りたい」と思っても、どこのスタジオを選べばいいのか分からないという人も多いでしょう。企業研究やESの作成など、忙しくてそんなことまで調べる時間がない学生のために、各地域のおすすめ写真スタジオをまとめました。今回まとめたスタジオがこちらです

全国それぞれの地域で証明写真に特化した写真スタジオだけを厳選したので、どれを選んでも間違いなし。きっと最良の証明写真が撮れるはずです。ぜひエントリーシートに使うWEB写真の、撮影スタジオを探すときの参考にしてくださいね。

どこも証明写真の専門スタジオだから最高の写真が撮影できるはず!

インターンエントリーシート完全ガイド

インターン選考においてエントリーシート(ES)は本当に大事。絶対ESで失敗したくない人のために「エントリーシート完全ガイド」をまとめました。これらをしっかりと読み込めば、あなたはきっとESマスターになれるはず。不安なところがあれば、そのページだけチェックするのも勿論OK。ぜひ活用してくださいね☟

ESの書き方から、自己PR/ガクチカのポイント、写真の撮り方など、例文付きでどこよりも詳しく具体的にまとめています。これらを最大限活用して、あなただけのオリジナルESを作ってくださいね。

まとめ

今回はインターンの履歴書/ESに添付する写真についてご紹介しましたが、いかがでしたか?写真はあなたの印象を最初に決めるとても大事な項目。ぜひこの記事を参考に、しっかりとあなたの魅力が伝わる素敵な写真を撮ってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

目次に
戻る